Good shoes

2016.06.22トレッキングのススメ④

トレッキングには“おみやげ”もある!

これまで、トレッキングのススメ① トレッキングのススメ②トレッキングのススメ③では、
トレッキングをすることで起きる多くのいいことを紹介してきました。

今回は、日常にもつながるいいこと…つまり、トレッキングで得られる“おみやげ”をご紹介します!

おみやげ①体内リズムが整う

山のレベルにもよりますが、
だいたいの場合トレッキングは一日がかりで行います。

午前中の早いうちに登山口に向かうため、早起きします。
体力勝負ですから、朝食もしっかり摂らないといけません。

早朝から太陽の光を浴び、山へ入って体をたくさん動かします。
下山する頃にはヘトヘトです。お風呂に入って一日の汗を流し、体の疲れからスムーズに寝付けます。

この一日のスケジュールは、体内時計をリセットするのにぴったりなんです!

もともと、人には体の機能に合わせた生体リズムが刻まれています。
簡単に言うと「朝は活動が活発になり、夜は眠くなる」というものです。
このサイクルを保つには、太陽の光を浴びることや食事のタイミングが重要になります。

ですが、仕事や学校が忙しいなどの理由で、規則正しい生活が出来ていない人は多いと思います。

そんな人でも、トレッキングをすることで体の生活リズムを一日で整えることができるんです!

おみやげ②体力がつく

トレッキングをする男女

トレッキングにどれくらいの運動量があるかご存知ですか?

山をひたすら歩いていくのって、一見地味な動きが多い印象ですね。
実は、登山にはウォーキングの2~3倍の運動量があるんです!

トレッキングでは、ゴツゴツした岩場や滑りやすい水場など、過酷な環境を長い時間歩いていくことになります。

通勤や通学とは必要な体力が全然違いますよ。

トレッキングを趣味にしていれば、日常生活でも疲れ知らずの強靭な体力が身に付くこと間違いなしです!

おみやげ③仕事や勉強の能力も上がる!?

トレッキングの思い出話をする男女

トレッキングは突発的に行っても良いものですが、
スケジュールを練っていくとより余裕を持って楽しめます。

トレッキング当日は早起きすることもそうですが、何時頃に富士山の何合目についている、
何時にどこで休憩を取る…などスケジュールを把握しておく必要があります。

面倒に思えるかもしれませんが、予定を立てながらまだ見ぬ山に想いを馳せるのも考えるのも楽しいものですよ。

経験を重ねていけば、仕事や勉強に生かせる情報整理能力やスケジュール管理力が身についているはずです!

おみやげ④話題が増える!

トレッキングをすることで、普段の生活ではできない貴重な経験ができることもあります。

たとえば和歌山県の高野山なら、山を登った後は街の荘厳な並みが出迎えてくれます。
宿坊を予約しておけば、お精進もいただけます。
旅行でホテルや宿に泊まるのとは一味違いますし、ダイエットにもなっちゃいます!

ちょっとした非日常体験ですから、山を降りてから話題にしたら会話も盛り上がりますよね。

面白い体験談を話すことで、トレッキングに興味を持ってくれる仲間も増えるかもしれません!

トレッキングのススメのまとめ!

トレッキングをして笑顔になっている女性

いかがだったでしょうか?
今回は日常生活にもつながるトレッキングの良い影響についてご紹介しました。

トレッキングのススメ① トレッキングのススメ②トレッキングのススメ③にわたって紹介してきましたが、
トレッキングにはこんなにたくさんの“よいこと”があるんです!

初心者の方は「登山ってハードルが高そう…」と思いがちかもしれません。
でも体力や技術より、楽しむ心が何よりも大切です!

そして足元にはトレッキングシューズ!

気持ちに余裕を持って山を楽しむには、運動をサポートしてくれるトレッキングシューズが大事ですからね!

僕がおすすめしたen bridgeのトレッキングシューズは、初心者でも買いやすい嬉しいお値段なんです。
機能性バッチリなのにスニーカーくらいの値段で買えるトレッキングシューズって探してもなかなかないので、
エントリーモデルにはぴったりです!

トレッキングシューズに手を出しにくいと思っている方は、
ぜひen bridgeのトレッキングシューズを試してみてください。
これであなたも、山ガールの仲間入りです!

関連記事

>一覧を見る