Good shoes

2016.06.26トレッキングでの最適な歩き方やペースは?①

トレッキングには最適な歩き方やペースがあることをご存知ですか?

いつも通りに歩くよりも、トレッキングに合った歩き方やペースを知れば、
今よりもっとトレッキングが楽になるかもしれません!

トレッキングの楽しさを再発見できそうですね!

今回は最適な歩き方やペースについてご紹介いたします。

歩く前にはストレッチをしましょう

歩き始める前に準備をすることは大切ですね。

怪我の予防のために、ストレッチで準備体操をして、
筋肉や関節をほぐしておきましょう!

筋肉や関節がほぐれると、体をより大きく動かすことができます!

足首回しや腰回し、肩回しなどの簡単なストレッチが大切なんですよ。
是非歩く前にやってみてくださいね!

歩き始めはゆっくりペースで

歩き始めはゆっくりと

実は、歩き始めの10分くらいは体調を崩しやすいことをご存知ですか?

歩き始めはウキウキしてしまって、
足早になりがちなのですが、ここで抑えることが大切。
体を慣らすつもりで、意識してゆっくり歩きましょう!

ペースとしては、いつもの半分に落とすくらいで十分なんですよ!
体が温まってきたら、少しずつペースをあげていけばいいんです。

焦らずに、余裕を持った登山予定を組むことも大切ですね!

初心者の方は、30分くらいで一度休憩を

登山に慣れていない方は、歩き始めて30分くらい経ったら、一度休憩を取るようにしましょう。
この時に、装備の調整を行うことが大切です!

実際に歩き始めたら、思ったよりも暑かった、
寒かった、ということがあるので、服の調節もこの時に行います。

また、靴紐の締め具合も確認した方がいいですね!
足に違和感があるまま歩いていると、疲れや靴擦れの原因になってしまいます。

小休憩を挟むことが、快適な登山につながるのですね!
是非先を急がず、一度休憩してみてくださいね。

細めに休憩を取りましょう

こまめに休憩

トレッキングをする時には、こまめに休憩を取ることが大切です。

1時間歩いたら、10分休む、くらいのペースで休憩を取りましょう!

もちろん、この休憩ペースにとらわれすぎることはありません。

休憩時間より早めに休憩しても構いませんし、
もう少し歩けそうだと感じたら、休憩時間を後にずらしても良いでしょう。

ただし、疲れ切ってから休憩をすることはおすすめできません。
疲労の回復がなかなかできなくなってしまいます…。

疲れてきたかな?と感じたら、休憩を取るようにしましょう。

休憩する時は、通行の邪魔にならない所を選びましょうね!

慣れてきても急ぎ過ぎない

急ぎ過ぎないように

回りたい場所が沢山あったり、
予定時間を過ぎていたりすると急ぎたくなりますが、急ぐのは危険です。

具合が悪くなってしまったり、疲労がたまって膝や腰に負担がかかる可能性があります。

登山では、無理なく呼吸を続けられるペースを守ることが大切です!
自分のペースを守り、急がずに登るようにしましょう!

焦らず自分のペースで登ろう!

今回は、焦らず自分のペースで歩くこと、休憩をこまめに取ることについてお話ししました!
テンションが上がって早く登りたくなることもあるかもしれませんが、
焦らず自分のペースで登ってくださいね!

では、トレッキングでの最適な歩き方やペースは?②に続きます!

続きはこちら:トレッキングでの最適な歩き方やペースは?②

関連記事

>一覧を見る