Good shoes

2016.06.25覚えておきたい、トレッキングでのマナー②

前回の 覚えておきたい、トレッキングでのマナー① では、
ノーインパクトとあいさつについてお話ししましたね!

今回は気になるトイレ事情や、
キャンプ地でのマナー、行き帰りの時のマナーについてお話しします!

登山中のトイレ事情

登山をする時には事前にトイレがあるかどうか確認しておくと良いでしょう。
排泄する際には、美しい景観を守ることを忘れずに適切に処理しましょう。

トイレがある場合

山小屋などにトイレがある場合には、使用料やチップを払うこともマナーの一つです!

平地と違って山でトイレの管理をするのはそれなりにお金がかかります。

感謝の気持ちとして、きちんと払うようにしましょう!

トイレがない場合

携帯トイレ

トイレがない場合には携帯トイレが必須ですね。

もし携帯トイレがなく、山の中で排泄する場合には、
沢などの水辺からは離れること、
水場の上流は避けることが大切です。

また、使った紙はその辺に捨てずに、持ち帰るようにしましょう!
排泄物は、土をかけたり、穴を掘って埋めたりして、処理してくださいね。

キャンプ地でのマナー

キャンプ場でのマナー

トレッキングしがてら、キャンプする場合もありますよね!

キャンプ地でのマナーについてご紹介します。

人工物の取り扱い

キャンプに行って困るのが、食事の時の処理。
食事はできるだけ、残り物が出ないように工夫する必要があります。

また、汚れた食器は洗剤を使わずに、拭いた方が早いことも!

混んでいるキャンプ場だと、洗い場も混むことがあります。

拭けば、水もそんなに使わなくて済みますよね!
是非、限られた資源をあまり使わないことを意識して頂きたいと思います。

また、ゴミの処理も大切ですね。
ゴミをあまり出さないようにする工夫も必要です。

例えば、肉や魚は、あらかじめスーパーのトレイからビニール袋に移し替える、
野菜は事前にした処理をし、ヘタなどの食べられない部分は取り除いておく、などです!

他にもいろんな工夫ができると思うので、是非自分で考えてやってみてくださいね!

山の時間を守ろう

夜の山の時間を守ろう

キャンプ場ではチェックイン、アウトの時間や、消灯時間が決められている場合があります。
決められた時間は守るようにしましょう。

また、夜お酒も入って楽しくなり、
ついつい大きな声を出してしまいそうになりますが、

キャンプ場は住宅街と違って、少しの物音でも響いてしまいます…。
ポリ袋のカサカサ音や、トイレに出ていくときの音ですら、気になってしまうことも。

他の方が寝ている時間帯は、特に騒音を出さないように気を付けましょう!

行き帰りのマナー

登山の行き帰りの際に、公共の交通機関を利用する場合もありますよね。
公共の交通機関を使って移動する際には、周囲への気配りを忘れずにしましょう。

登山に使う大きなザックは、それだけで幅をとってしまいますね。
それほど混んでいない場合でも、知らず知らずのうちに後ろの人にザックが当たっていることも…。
ザックは網棚など、周りの人の邪魔にならない場所に置きましょう!

また、ストックをザックに軽く固定したままにしている方がいますが、とても危険です。
ザックの中に収納するか、手に持つようにしましょう。

帰りは、靴や服に汚れが付いている場合もあります。

汚れてないか確認するようにし、汚れていた場合には着替えるようにしましょう!

マナーは良いトレッキングシューズから!

トレッキングシューズとインソール

初心者にとって登山は分からないことばかりですね。

いろんなことに気を取られて、マナーにまで頭が回らないことも…。
心に余裕を持つことが大切ですね。
下調べをしっかりして、登山に挑むようにしましょう!

また、マナーを守る余裕を作るためには、装備をしっかり整えることも大切ですね。
その中でも、登山靴選びは大切です。
歩行をしっかりサポートしてくれるトレッキングシューズを選びましょう!

私のおすすめは、en bridge(エンブリッジ)のトレッキングシューズです!

オーバースペックを省いたカジュアルな値段ですが、高機能なシューズなんです!

高性能のインソールが一体になっているので、インソールを別で買う必要もありません。
おしゃれなデザインと個性的なカラーバリエーションは、男女ともに楽しめるはずです!

高性能のトレッキングシューズを履いて、マナーを守りながら楽しく登山をしましょう!

関連記事

>一覧を見る