Good shoes

2016.06.06さまざまな登山靴の比較②

軽登山靴の選び方

軽登山靴の種類

この記事では重登山靴とはとは正反対の立ち位置に居る軽登山靴を比べていきましょう!
表にある4つの軽登山靴を紹介していきます!

アウトドアから軽登山まで幅広くに使えるトレッキングシューズ

アウトドアから登山まで

厳しい高山に使う重登山靴に対して、
トレッキングシューズはもう少し気軽に挑戦できる山に使用する靴です!

ちなみに靴の名前であるトレッキングとは、山頂にこだわらない山歩きの事です。
山にある岩をあるいてみたり、気軽に花を撮影しに行く人も、トレッキングをしているといえますね。
トレッキングシューズの主な使用目的をまとめると、

・アウトドアでのキャンプ、バーベキューといった普段使い
・ハイキングコースを歩く時
・トレッキングの計画を立てて山を歩く時
・1000 メートル以下の低山から 3000 メートル級の山での登山
・実は普段履きにも

などがあります!
全体的にみると、登山だけではなく幅広く使うことが出来るのが分かりますね!
つまり、ハードな山は厳しくても、幅広く対応が可能になっているのがトレッキングシューズという訳です!

クライミングシューズ

岩を登るための登山靴

主に「山歩き」に適している登山靴がトレッキングシューズだとすると、
クライミングシューズは「岩登り」に適している登山靴です。
具体的には、

・キツツキの頭のような形状をしている靴で、岩の間にひっかけやすい
・ロープやハーネスを使って行う「クライミング」が可能
・上記の道具を使わず、安全な高さまで上る「ボルダリング」が人気

と言うのが使い方や特徴となっています!
しかしながら、「歩く」という行為自体は苦手分野としているので、
登山で使用することは無いと言ってもいいでしょう。

トレイルランニングシューズ

山を走る登山靴

通常の軽登山靴が「山を歩くための靴」とすると、
トレイルランニングシューズは「山を走るための靴」といえます。
主に使用される用途としては

・山を走りたい人に
・山道のレースに
・登山の上級者が登山用に

というものが挙げられます。

紹介はしますが、初心者が最初に購入する登山靴としてはおすすめしません。
軽くて歩きやすいのですが、山道用の歩き方を知らない人が履くと足を痛めるからです!

渓流シューズ

沢登りの靴

渓流と言えば、釣りがイメージとして強いと思います。

その通り、渓流ブーツは釣りで使われるトレッキングブーツの事です。
普通の靴で山の中へ入って行って釣りをしてしまえば、たちまち靴が水を吸ってしまいますよね。
そうすると、歩きにくいだけでなく、ぐちょぐちょになり、心から楽しめません。

だからこそ渓流ブーツは、

・地面がゴツゴツとした岩場での安全確保に
・スパッツとの組み合わせで暖かさをキープ

と言った目的に使われます。
元々濡れるのが前提で開発された登山靴なので、
長時間水に触れる場所を歩く場合などに重宝しますよ!

登山靴の購入に迷った時は、トレッキングシューズを

トレッキングシューズ選びで悩む女性

重登山靴と軽登山靴、計7種類の登山に関係する靴を紹介してきましたが、これ以外にも
沢山の種類が登山靴にはあり、情報を知って居ても選ぶのはやはり悩みますよね!
様々な靴を比較して、どれにしようか悩んでいる方にはトレッキングシューズをおすすめします!

登山に向いている靴を初めて購入する場合、
いきなりハードな登山に挑戦するのは、体力的にも厳しく、
他の靴では目的が山歩きではなくなってしまうからです。

しかも本格的な登山靴をいきなり購入すると、
慣れて居ないので足が擦れて痛くなってしまったり、使いこなせない可能性が高いです。

だからこそまずは、軽登山靴であり、
幅広く使っていくことができるトレッキングシューズから足を慣れさせていくのをおすすめしますよ!

最初はアウトドア用と兼用としてローカットか、ミッドカットを購入して、
山歩きの範囲に合わせてハイカット、重登山靴と段階的に購入していきましょう!

そして、初めて購入する方におすすめなのが en bridge のトレッキングシューズです! en bridge のトレッキングシューズは、特殊なインソールが入っていて、
重さを除けば初心者でもまるでスニーカーを履いているような感覚で斜面を歩く事が出来るからです。

また、体の持つバランスを正しい方向へ矯正してくれるので、
歩き方やバランスの問題で腰や背中を痛めている方にもおすすめしたいです!

使用目的だけではなく、使用者の歩きやすさを誰よりも考えている。
en bridge のトレッキングシューズは、非常に機能的で購入も簡単なので是非試してみて下さいね。

関連記事

>一覧を見る