Good shoes

2016.06.06雨の日の登山、急な雨対策のレインウェア・グッズとは?

登山やトレッキング、ハイキング中の雨への対策は必須です!
サックに合羽や雨具を持ち歩居ていると心強い、レインウェアや雨対策グッズをご紹介していきますよ!

登山中の雨対策の基本「レインウェア」

レインウェアと普通の服装

ポンチョや合羽は、普段の生活では快適ですが山では歯が立ちません。
蒸れて冷たい汗をかいたり、木の枝に引っ掛けて穴が開いてしまうと、体温が一気に奪われてしまいます。

やせ我慢で済むレベルならいいですが、山では命に関わる事なので馬鹿にしてはいけません。
登山やトレッキングの際には、アウトドアショップで売られているレインウェアを使うようにしましょう。

レインウェアはポンチョ・合羽と比べてかなりの撥水性、保温性を持っていますが、過信は禁物です。

意外と買ってから驚く人が多いのですが、防水性と浸透性を兼ね備えたゴアテックスのウェアでも、蒸れます。 汚れがついていれば、撥水力も大きく落ちます。

どのレインウェアでも共通していることですが、素肌で着用しないこと。
汚れは放置せずすぐに落とす、そして水が入らないようにチャックは閉じるようにしましょう。

条件によっては傘が一番濡れない

登山で傘を使う

傘はスタンダードで誰でもやりそうな雨への対策ですが、
登山で傘を使うのは難易度が高く、片手がふさがってしまうので、山歩きに慣れてきた中級車向けです!

足場が安定していて風速が穏やかな環境では、レインウェアよりも濡れませんし、傘なら蒸れることもありません。

山の状況によってレインウェアとの使い分けも出来るので、検討してみる価値は十分にありますよ!

足元が濡れると最悪

水漏れで足が冷えた女性

どんなに雨へ対策をしても、靴の中が濡れて靴下が濡れたら最悪ですよね! ウェアにお金をかけておいて靴は普段履きのスニーカー、という山登り初心者さんにありがちなケースは避けるようにしてください。

身体はウェアで守れても、靴の中には水がしみ込んでしまい、低体温症に陥ってしまうケースもあるんです!

足元の濡れは、靴以外で守りきるには限界があるので登山靴の購入が最善です。
とはいえ、初心者の方だとウェアに加えて登山靴を買うとなると費用がかさみますし、
登山だけのために靴を買ってしまって、履かなくなったら勿体ないですよね。

そこで、両方の問題を解決してくれるトレッキングシューズをご紹介します!
登山靴と普段履きの靴との中間のような存在なのがトレッキングシューズです。
中でもお勧めな en bridge のトレッキングシューズは、
登山靴と比べるとお値段三分の一程度で購入できるので入門用にも、気軽に使う2足目にもピッタリです!
撥水力もしっかりしているので、水を長時間踏んだりしなければ靴の中に漏れ出すことも無いでしょう。

登山靴と比べると非常に軽いので、普段のお出かけにも気軽に使えますよ。
撥水性のおかげで、道路の水たまりを気にせずに歩けるので重宝している方も多いんです!

他のトレッキングシューズと比べると、明るくて綺麗な色味をしているので、
個性も出せますし、何よりオシャレなので毎日履いて歩きたくなりますよ!

まとめ

・レインウェアはいい素材でも過信しすぎないようにしましょう!
・傘は片手がふさがってしまうので、安全が確保を出来る場所で使いましょう!
・en bridge のトレッキングシューズがコスパもよくてオシャレ!

雨の対策としてウェアとグッズをご紹介しましたが、まとめると以上の3点になります。
en bridge のトレッキングシューズはオンラインで購入出来て、
送料も返品も無料で対応してくれるので、気になる方はこちらのページから注文してみてくださいね♪

関連記事

>一覧を見る