Good shoes

2016.06.20いろんな靴のサイズの選び方②

いろんな靴のサイズの選び方①に続き、
靴の種類別のサイズ選びについて解説します。
今回は「スニーカー」「革靴」「トレッキングシューズ」について見ていきましょう!

スニーカーのサイズの選び方

スニーカー

靴の中でもポピュラーなスニーカー、履ければサイズにはあまりこだわらないという人もいるのでは?
実はちゃんと選び方のコツがあるんです。

靴の中で足が遊ばない、なおかつ指先が動かせるサイズを選びましょう!

履いた時は何ともなかったとしても、歩いた時は靴の中で足が動きます。
また、立った状態だと指は少し曲がっていますが、歩くと指が伸びるので、足の長さが変動するんです。

だから、ぴったりフィットした靴ではつま先がぶつかって痛くなってしまうんですね。

試着する時は、靴の中で足を前方に押し付けてみてください。その状態で、
かかとに指1本くらいの余裕があるものを選びましょう。
サイズで言うと、実際の足の長さ+1.0~1.5㎝くらいになります。

サイズを選んだら、甲や幅がきつくないか、歩いて確かめましょう。
きついと感じたら、まずは紐をゆるめたりして調節してみてください。

靴が馴染んでくると、
縦方向のサイズは変わりませんが、横のサイズはゆとりを感じてくると思います。

最初に少しきついと思っても、歩くたびにつま先がぶつかるほどでなければ大丈夫だと思います!

革靴のサイズの選び方

革靴は小さめサイズを選びましょう! 具体的には、スニーカーなど通常の靴のサイズより1㎝ほど小さいものが適正サイズです。

このサイズ選びには、「捨て寸」が関係しています。
捨て寸とは、靴とつま先の間の空間のことです。

革靴もスニーカーもサイズ表記は足の長さで表されていますが、
革靴のサイズには捨て寸があらかじめ設定されています。

つまり革靴の実際の大きさは「サイズ表記(足の長さ)+捨て寸(1.0~2.0mm)になります。
スニーカーには捨て寸がないので、いつも27cmのスニーカーを履いている人なら、革靴では26cmが適正サイズです。

スニーカーも革靴も男女問わずよく履かれる靴だと思いますが、適正サイズは違うんです。奥が深いですね~。

革靴の場合、甲周りがフィットしていないと、変なシワが入ってみっともなくなることがあります。
しかし、窮屈でも歩きにくいです。難しいところですが、歩いてみて違和感のないサイズを選びましょう。

トレッキングシューズのサイズの選び方

トレッキングシューズ

山歩き用だけでなく、ファッションアイテムとしても一般的になったトレッキングシューズ。

ズバリ、「大きめを選ぶ」ことがポイントです!

つま先の空間が大事だということは、スニーカー選びでもお話ししたとおりです。
しかし、トレッキングシューズを履いていく場所、つまり山ではサイズの違いが特にシビアなんです!

トレッキングシューズは山歩きのための靴ですから、山中のゴツゴツした岩場などを歩くことになります。
紐をしっかり結び、かかとの位置で固定するとしても、多少はシューズの中で足が動いてしまいます。

さらに下山の時は重力がかかって、もっと足が前に動きます。
靴の内側につま先がぶつかって痛みや出血が起きてしまうと、帰り道はとてもつらいんですよ…。
トレッキングシューズ選びでは、とにかく余裕のあるサイズを選ぶように注意してください。

山は山頂に近いと気温が低くなりますし、
天気が変わりやすく、雨や風で気温が下がることもあります。
きついシューズを履いていくと、血流を妨げて体を冷やしてしまうこともあるんです。

試着の時は足がむくんでいる夕方を狙って、
当時履く予定の靴下を一枚持参してお店に行くのがおすすめです。

安心のシューズメーカーで靴を選ぼう!

色々な靴の選び方について紹介してきました。
個人的には、トレッキングシューズがダントツで選びにくいですね…。
でも、サイズがピッタリはまると、すごく使える靴なんですよ!

おすすめはen bridge(エンブリッジ)のトレッキングシューズです!

en bridge のトレッキングシューズ機能の紹介

トレッキングシューズって、スニーカーに比べて靴底やつま先が厚くて丈夫だから、
足場が悪いところでも足もとを保護してくれるんです。
防水・撥水性もバッチリなので、水辺でも大活躍!

山歩きだけでなく、キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーン、野外音楽フェスにも履いて行けちゃいます!

トレッキングシューズはサイズ選びが重要とお話しましたが、
登山初心者が本格的なアウトドア専門店まで行って試着してくるのって、ちょっと気合が要りそうですよね。

かといって通販だと、デザインが気に入ってもサイズが合うかどうか不安で、
購入に踏み切れなかったりしませんか?

en bridgeのトレッキングシューズなら、初回の返品・交換は往復送料無料です!
室内の試着なら問題ないので、いくらでも試し履きできちゃいます。

交換送料無料

さらに、en bridgeはデザインとインソールの一体開発で、
見た目と履き心地の両方にこだだっているシューズメーカーなんです。

個性的なカラーリングが目を引きますし、一見するとただのオシャレ度が高い靴にも見えるんですが、
トレッキングに必要な機能を備えたインソールが内蔵されていて、しっかり歩行をサポートしてくれます!

インソールが入っているような靴って、履き心地重視でデザインはあんまり…というイメージがありませんか?
そんな方にも、一度見て、履いてみてほしいです!

山歩きに出掛けたい!
ファッションの幅を広げたい!

そして、靴はデザインも機能性もゆずれない!

そんなこだわり派の方は、幅広いシーンで使えるen bridgeのトレッキングシューズを手に入れましょう♪

関連記事

>一覧を見る