Good shoes

2016.06.01靴のサイズ以上に重要な、登山の時に気を付けることとは?

登山の時、あなたはしっかりと注意をしていますか?
「足元をしっかり確認して前傾姿勢で歩く」

「体温を服の着脱で調節をする」
「水分をこまめに摂取する」

もちろん、これらの事最低限大切ですが危険管理が頭に入っていない方が多いのです。
あなたは安全な登山のために出来ることを全て実績していますでしょうか?

今回は、登山に慣れてきた方にこそ、しっかりと行ってほしい安全の確保についてお話します!

常に一番体力が低い人に合わせて登山計画を立てる

パーティ全体の体力を大切に

登山を行う上で、一番注意したいのが登山の計画を行うときの考え方です。
体力と言っても、その人の動けるバイタリティだけでなく危険な状況になった時の防衛的な体力も加味するべきです。

もし、天候が後から最悪の状況になったとしても自分の足で下山することが出来るのかどうか、
睡眠が十分ではない状態でも最後まで踏破することが出来るのかどうかが重要です。

計画が甘く自分達のパーティの歩くペースで、どれくらいの時間がかかる予定なのかを把握していないと、
突然台風が訪れた時に下山をする選択をとっても降りきる前に体力が尽きてしまう可能性もあるので、
登山計画はしっかりと立てておきましょう!

装備の不備が絶対にないようにする事

危険な登山

登山を行う際に忘れ物は厳禁ですよ!
その中でも絶対に忘れたくないのが地図とコンパスです。
沢山の人が訪れている簡単な山であれば 5 万分の1の地図を利用しても構いません。

しかし、それはあくまで許容できるというだけで、
本来は2万 5 千分の1地図とコンパスのセットは絶対に持ち歩いておきたいです!

もし、登山ルートを一時的に間違えて道に迷ったとしても自分たちの居場所が分かればパニックにならずに済みます。
登山を行う際には、2 万 5 千分の1地図を自分で読める状態にしておくのは、
登山家としての安全を守るために絶対必要な能力ですよ!

実際に登山ベテランの方が地図とコンパスを持たずに山へ入り、
地図とコンパスさえあれば迷わないような場所で遭難する事例は珍しい話ではないんです。
最低限装備の確認とそれを使いこなせるようにしておくことは絶対です。

もしもに遭遇した時、パニックに陥った時は動かないようにする

パニックになった男性

登山をしていて、「もしも」が起こった時どんな対処するか決めていますか?
自然災害や、不慮の事故というものは誰も予想が出来ないものです!

一番初危険なのが、ベテランであろうとパニックに陥り動き回ることです。

正しい対処としては、落ち着くまでまでビバーク(緊急時の野営の事)を行い、
そもそもパニックに陥った時は一切の行動しないことが最大の安全策です。
落ち着けば実際に今必要な事が何か見えてくるはずです。

実際に濃霧の中、パニックに陥り視界が全く役に立たない状況で動き回ってしまい、
川に流され遭難に至った人がいました。

その人は大失敗を犯してしまいましたが、冷静な対処を行ったおかげで無事生還したのです!

その理由が、

・装備がしっかりとしていたため、濁流からストックを使い上がることが出来た
・川から上がった後、最新の乾きやすい下着を履いていたので凍死しなかった
・家にも書置きをして、遭難時に家族に形態で連絡を取ったので捜索がスムーズだった
・山の知識を生かし食べれられる草を探したり、パニックにならず現在地を分析していた
・自分の体力の状態を見極め、ヘリの救助を受けることに全力を注いだ

この5つです。
どんなに厳しい状態に陥っても焦る自分を律し、最適な選択を取れるように知識を蓄えておくことが大切です。

初心者はいきなり登山に挑戦しない

アウトドアが好きで、登山にも興味があるけど未経験の方は、
この記事を読んで想像しえない登山への厳しさを感じていただけたかと思います。

いきなり登山をすると体力的にも厳しい部分があるので、
まず最初はハイキングやトレッキングを通して山の危険を少しずつ覚えて行ってほしいのです!

そこでおすすめしたいのが、en bridge のトレッキングシューズです!
通常登山靴には靴のサイズに合っていないインソールが入っています。

しかし、en bridge のトレッキングシューズは、インソールと靴が一体化しているんです!

自分の足のサイズにあった靴を買うだけで、靴にピッタいりなインソールも付いてくるので、
靴とインソールを別途のサイズで買うよりとってもお得なんです。
インソールの交換も当然必要性無いので、価格も抑えられて初心者にもおすすめできますよ!

トレッキングシューズ商品一覧へ

しかしながら、トレッキングであろうと、トラブルは絶対にないとは言えません。
どんな時でも冷静な判断をすることがあなたの命を守ることにもつながるんです。
簡単なアウトドアであろうと、それは肝に銘じて楽しんでほしいと思います!

関連記事

>一覧を見る